_
_

採用情報 よくある質問

ホーム採用情報 > よくある質問

採用について

A 企画開発部はもちろんのこと、どの部署でも違った視点で企画に携わっています。社員全員、添乗業務を通して、お客様の声を直接聞いて、ツアーの改善点、お客様からご要望いただく新規ツアーのアイディアなどを持ち帰り、帰国後次のシーズンの新ツアーに向けて話し合っていきます。またツアーの企画会議では、入社歴に関わらず企画開発部、営業部、航空仕入部、添乗経験者、 その地域に強い興味・関心があるスタッフが意見を出し合ってツアー内容を決定していきます。

A 添乗は全社員、どの部署に配属になっても必要な業務です。頻度は配属される部署にもよりますが、8日間前後のツアーに平均年5回程度です。多いスタッフですと、年に8回程度です。

A 特にありませんが、TOEICやTOEFLなどの語学検定は高く評価しています。また、添乗業務に必要な旅程管理主任者資格は入社後に取得します。


業務内容について

A はい、出せます。ツアーや方面により難易度が違い、ある程度の経験が必要になってくる方面もありますが、その国に興味があるツアーコンダクターが添乗する方がお客様のためにもなりますので、積極的に希望を取り入れています。

A 視察業務は、2~3年の経験を積んでから主に新しいツアーを企画する際に、企画開発部が中心に行っています。また、世界で開催される「旅行商談会」に参加し、ホテルや旅行会社と直接、取り引きの商談をする機会もあります。企画開発部以外の部署でも添乗業務を通して、現地をしっかりと見ることで、日常業務にその経験が活かされます。

A 海外添乗では、必須となります。添乗中は現地ガイドが案内する内容を通訳したり、ホテルや空港のカウンターで現地の人たちとやりとりをします。また、日常業務では部署によって頻度は違いますが、英語の資料に目を通したり、ホテルや現地旅行会社と英語でメールや商談します。特に企画開発部と営業部の手配課では毎日、海外と英語でやりとりをしています。グローバルの社員では海外留学経験や海外で育ったスタッフもたくさん活躍しています。

A グローバルでは世界中の旅を計画しているのでツアーを企画している方面であれば、どんな言語でも役立ちます。特にスペイン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、アラビア語などはたくさん話す機会があります。他にもモンゴル語やトルコ語などを話して活躍している社員もいます。


入社後の待遇について

A 初任給は230,000円(固定残業代含む) 以上 となります。
また弊社では年に2回の賞与を重視しており、個人の功績を考慮し評価しているため、同期でも大きく差が出る場合があります。また、添乗業務中は給与とは別に出張手当が支給されます。

A 時期にもよりますが、通常最長20時までには退社するよう義務付けられています。どうしてもツアーが集中する大型連休前などの繁忙期は、上司に許可を取り、20時を越えることもあります。尚、毎週水曜日に定時で帰る「NO残業DAY」を定めており、社員それぞれが平日でもコンサートや習いごと、友人の交際などを楽しんでいます。休日出社は添乗業務以外は基本的にありません。

A 転勤となる場合もありますが、本人の家庭環境や希望を十分に確認してから転勤となります。

A 通勤圏外からの勤務の場合は家賃補助手当が支給されます。また転勤の場合は規定に準じて手当てが支給されます。

A 出せます。入社して最初の数ヶ月は一通りの仕事の流れを覚えてもらう目的で各部署を回って経験を積んでもらいます。その後、希望を取った上で、研修結果を査定して所属する部署が決定します。その後は約1年に2回程度、組織編成があるため、欠員が出た部署や社員の能力に応じて異動チャンスがあります。
異動は必ず希望通りの部署に所属するとは限りませんが、強い信念があれば組織異動の際にも考慮しています。


社風・ライフスタイル

A 社員が60名ということもあり、一人一人の個性を大切にするとてもアットホームな雰囲気です。また弊社の採用スタイルは現場で働く一般社員が面接し、採用に携わっているので、先輩社員とも打ち解けやすい環境です。社内では上司に対しても「部長」などの肩書ではなく「◯◯さん」と名前で呼ぶことをポリシーとしているため、和やかな雰囲気です。外国人や海外で育った社員も多いのでとてもフレンドリーな雰囲気です。

A 男女ともに私服となりますが、弊社のブランドイメージに合う、上品できちんとした服装が求められます。
男性…基本はスーツ着用で社内ではお客様接客時以外はジャケットを脱いでも大丈夫です。夏はクールビズを取り入れておりますので、ノーネクタイとなります。
女性…私服ですが、スーツまたはジャケット+スカート/パンツスタイルです。
また、土曜日は「スマートカジュアル」スタイルです。

A 添乗中に休日があった場合は添乗代休があります。例えば、添乗中に休みが2日含まれている場合は、帰国した翌日、翌々日が振替でお休みとなります。

A グローバルは旅行会社ですので、社員にはどんどん休みをとってプライベートで旅行に出かけて、刺激を感じてほしいと考えております。平均して年に1~2回ぐらい長期休暇を取得して、海外へ旅行に出るスタッフが多いです。また、取引先の航空会社やホテルからの割引プランがあるのも魅力です。

A 35歳です。若手の社員もたくさん活躍しています。

A およそ男性が4割、女性が6割です。

A 結婚して子供ができた社員は産休と育児休暇をしっかりと取得し、復帰した後も保育園の送り迎えの時間に合わせて、遅めに出社して早めに退社するなど時短で家庭の状況に合わせて働くことができます。また子育てが終わるまで、添乗業務を控えたりなどの調整も可能です。たくさんの女性社員が子育てをしながら働いています。

A 退職する社員は年に数名です。退職者のほとんどが、転職のためではなく定年や留学、また家族の転勤などの事情です。結婚した女性社員もほとんどが産休・育児休暇を取得し、退職せずに働いています。また留学のために一旦退職した社員でも、語学力を身につけ帰国後またグローバルに戻ってきて活躍しているスタッフもいます。


その他

A お客様は基本的に添乗員を見極めに来ている訳ではなく、旅行を楽しみに参加されています。グローバルでは特にツアー中、笑顔が絶えない素敵なお客様に恵まれております。人生経験が豊富なお客様と一緒に数日間旅しながら色々な話をすることで、得る刺激は計り知れないものです。「人と話しをすることが好き」な人であれば、楽しんで添乗業務をこなすことができます。もちろん自分のミスでお客様からご意見をいただいたり、飛行機の遅延のトラブルが起きたりすることもありますが、そういった困難な場面に出会って乗り越えてこそ、成長していることを実感できる貴重な機会です。帰国した時に「楽しかった」「夢を叶えてくれてありがとう」とお客様から声をかけられた時は、一番添乗にやりがりを感じる瞬間です。


"_
_

Page Top